2018年10月31日

豪運用会社、3280億円で買収=収益基盤拡充へ―三菱UFJ信託

三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)傘下の三菱UFJ信託銀行は31日、オーストラリアの銀行最大手、コモンウェルス銀行(CBA)グループの資産運用会社9社を買収すると発表した。総額は約3280億円。国内金融機関による海外資産運用会社の買収では過去最大級という。国内の低金利環境が長期化する中、海外の資産運用事業を強化し、収益基盤を拡充する。買収は2019年半ばをめどに完了する予定。MUFGの資産運用は主に三菱UFJ信託が担っており、資産運用残高は約73兆円。今回の買収で約17兆円が加わり、残高は約90兆円に拡大する。国内では三井住友トラスト・ホールディングスや日本生命保険を抜き、首位に躍り出る。
posted by 推理小説家 at 10:37 | Comment(0) | 本日のおすすめニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
相互リンク募集中です。こちらのトップページhttp://mainichigashiawase.seesaa.net/へリンクを張った後にコメント(リンクが張られていることが確認できるURLを記載して下さい)を頂ければ、直ちに相互リンクさせて頂きます。