2017年08月09日

オリーブ油、生産国不作で値上げ 今秋から 飲食店にも影響

イタリア料理やスペイン料理に欠かせないオリーブ油の価格が上昇している。地中海沿岸の天候不順で2016〜17年の生育が悪く、イタリア産の収穫量は前年比6割減の18万トン、生産量の多いスペイン産も1割減の127万トンと不作だった。日清オイリオグループは10月から5品目の出荷価格を10%引き上げる。飲食店のコスト増が懸念される。「(授精が衰える)2年に1回の『裏作』に加え、昨年8月以降の多雨がたたった」と説明するのは、日清オイリオの担当者。高い湿度で害虫のミバエやメイガが多く発生し、主要生産国のギリシャやチュニジアでも収量が落ち込んだ。その結果、イタリア産オリーブ油の相場は約70%上昇し、購買が集中したスペイン産も30%前後の高値となっている。同社は「円安もあり、コスト吸収は難しい」として10月出荷分からの値上げを決定。主力の「日清さらっと軽〜いオリーブオイル」の実勢本体価格は、350グラム入りで現在の450円前後から500円前後に上がる見通しだ。J−オイルミルズも「値上げを視野に入れて検討中」という。外食大手のゼンショーホールディングスは「今後、コスト増につながる可能性もある」と警戒している。
posted by 推理小説家 at 13:52 | Comment(0) | 本日のおすすめニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
相互リンク募集中です。こちらのトップページhttp://mainichigashiawase.seesaa.net/へリンクを張った後にコメント(リンクが張られていることが確認できるURLを記載して下さい)を頂ければ、直ちに相互リンクさせて頂きます。